パルスオキシメーターが注目される中、発明者の方がお亡くなりに。

パルスオキシメーターを発明した方の訃報を、ネットニュースで知りました。

ニュースを見るまで知りませんでしたが、パルスオキシメーターの開発者は日本人だったんですね~。

胃カメラと並んで世界の医療分野で活躍している、日本発の医療機器なんだそうで…。

指に挟むだけで酸欠かどうか知ることができるパルスオキシメーター

採血することなく指先につけるだけで、血液中の酸素濃度を測定できるパルスオキシメーターが発明されたのは、1974年。

この機器のおかげで、手術中の酸欠死が激減したそうなんです。

てか、1970年台より前には、手術中に酸欠で亡くなることもあったんですね。

酸欠かどうかだけじゃなく、酸素濃度を測ることで、酸素過多かどうかも調べられます。

今、自分の身体の中に酸素がどれぐらいあるか知る目安として、とっても便利な機械なんですが。

今丁度コロナ騒動で、パルスオキシメーターが注目されている時だったので、残念なニュースでした。

自宅に1つあると意外に便利な安心なパルスオキシメーター

埼玉で、自宅療養中だった男性が2名、自宅でお亡くなりになりましたね。

この出来事をきっかけに、隔離施設では各部屋にパルスオキシメーターを常備する流れが出来てきているようです。

このパルスオキシメーター、普通のご家庭では親しみのない機器かもしれません。

ただ、我が家のような喘息っ子がいる家庭では、体温計と一緒に引き出しに常備してある機械でした。

ネット通販でも、普通に売ってますので、一つ常備しておくと安心ですよ。

あ、ただし、もし購入するなら日本製を選びたいものですね。

アマゾンでは、安い中国製が売ってますが、この時期日本を応援する意味でも国産がオススメです。

春節の時コロナを運んできてくれた国の医療品を買うのは、なんかシャクですしね(心が狭いかな、私w)。

うちのは、最初に買った国産品をずっと使ってきて、10年近く壊れてなくてまだ現役です。

常備するなら、日本製をお勧めします♪

⇒パルスオキシメーターの詳細はコチラ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする